2004年12月14日

婦人の友社の家計簿

来年こそは、お金をためたい。来年こそはカードの使いすぎを減らしたい。

そう思われる方、家計簿をおすすめします。家計簿というと、めんどくさくて続かないイメージがありますが、それはつけることが苦痛だから。

今まで金銭管理がまったくできなかった私は、この家計簿でお金の管理の重要性と楽しさを学び、かれこれ3年目です。


婦人の友社の家計簿がほかの家計簿と大きく違うのは、年間で収支予算を立てる点。世代、生活パターン別に数種類の家計簿がありますが、基本は年始に決めた予算で生活するということ。

予算なんていうと会社経営を思い浮かべますが、家計は小単位の「経営」。そう思うと、お金に対する見方が、消費の一方ではなく何かを生み出す為に有効的に使うものへと変わってきます。予算を立てることで、お金を「目的ではなく手段」として有効に使いまわせるようになる、それがこの家計簿のすごさでしょう。

CD-ROM版、当座帳を含むものと別なもの、高齢者向けなどがあります。一人暮らしの独身者には「わたしの経済ノート」がおすすめです。

家計簿とペアで使う当座帳  CD-ROM版家計簿  家計簿当座帳つき  家計簿 
Amazonでさがす
posted by FM at 14:07| 東京 ☀ | TrackBack(0) | info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。