2005年01月20日

『ハウルの動く城』私的考察2

引き続き、『ハウルの動く城』を斬ります!

2回目は重要な展開である、「呪いと魔法が解けるとき」

キーワードである「呪いと魔法」については、
私的考察1」を参照ください。


注)
これはあくまでFM個人の私的な考え・洞察によるものです。
ほかの見方も当然存在します。
私は各人の考えに、正しい・間違いのレッテルを貼るつもりはありません。
イチ☆意見として、こういう見方もあるのね、くらいにお読みください。

「呪いと魔法が解けるとき」

宮崎ワールドでは、魔法と呪いの力が誤ったものであると認識されています。
なぜなら魔法も呪いも解け、そうすると以前よりも良い状態になるからです。
またこれらを解くには、「愛」と「自分自身の本当の存在価値」を知ることが
必要とされています。

荒地の魔女は、痴呆のおばあちゃんという本来の自分を知ります。
ハウルの城の中でソフィーに世話され、人の手を借りる現実を
受け止めることで、穏やかな表情を取り戻していきます。

カルシファーは最初は自己否定的な卑屈な発言を繰り返しますが、
ソフィーに自分の本来の力が認められ、手放しにほめられる経験をしてから
変化してゆきます。そして自分の力を代償にして手にしたハウルの心臓を返します。

ハウルは、本来の臆病な自分を見せたソフィーに心を許し、
ソフィーを本当に守るべきものと確信してゆきます。
最終的に自分の最も汚く暗い、傷ついた姿さえソフィーに見せたとき、
心臓(心)を取り戻すことが出来たのです。

ソフィーは、ハウルへの愛が強くなり愛することに喜びを感じるとき、
少女に戻り(呪いが弱まり)ます。そして過去のシーンでハウルを救おうと
一人決意したときから、髪の色は白いままおばあちゃんには戻らなくなります。

すべてに共通するのは、「本当の自分の姿」を認め、「愛」を
与えられたり与えたりすることで、すべての呪いが解けているところです。
呪いは「愛」と「自分の価値を知る」二つがそろって、初めて解けるのです。

呪いが解けると皆すがすがしくなります。柔らかい表情、声、かかしのカブの
ようにすっかり見た目が変わったり。魔法によってつくり上げられていた
仮の姿では得られない爽やかさを得ているところからも、
魔法と呪いが一時的で誤ったものであるという主張が読み取れます。

魔法と呪いの解き方は、「紅の豚」では愛するものからのキス、
「千と千尋・・・」では名前(自分が何であるか)を思い出すこととなっており、
「ハウル・・・」ではそれらを集約し、まとめ上げられたようです。

愛を知ること、自分の価値を知ること、それが生きてゆく上で
とても大切なことだというメッセージを、魔法と呪いが解けるとき
私たちは受け取ります。


思うに・・・

ソフィーが呪いは解けつつ髪が白いままなのも、面白いと思いました。
一度は自分はおばあちゃんのようで何の価値もないと思いこんだ人でも、
愛を見つけ愛を貫き守る時、力強く立ち上がれる。
そのことを強く印象付ける為に、かつてのソフィーの姿を
あえて残したのではないでしょうか。
「千と千尋・・・」でも、千尋が現実に戻ったとき、銭婆の髪飾りだけ
残すということをしていますし。

「愛」というと、なんか安物の薄っぺらな感じがします。
今は私たちが様々な形で、「愛」を安物に仕立て上げているからでしょう。
手軽で、簡単に手に入り、代わりはいつでも得られるようなものとして。

呪いと魔法を解く「愛」はもっと力強く、崇高なものです。
蓋を開けてみたら痴呆かもしれない。
ただのかっこつけたがりの弱虫かもしれない。
いつも自己否定ばっかりの卑屈野郎かもしれない。

それでもいつくしみ、存在を認め、投げ出さない愛のことです。
そういう愛でなきゃ、私たちにかかった魔法は解けないのです。
自分に価値を認めることも、自分を愛することと言い換えられます。
控えめかもしれない、とりえもないかもしれない。
けれど自分には存在する価値があると知ること。

人と自分を救うのは、何があってもどうあっても手放さない、
崇高な愛だけが出来ること。これ聖書とテーマが同じなんだよなぁ。
普遍的なものは変わらないということでしょうか。

次は各キャラクターを分析したいと思います。

関連ページ
『ハウルの動く城』レビュー
ハウルの動く城』私的考察1
『ハウルの動く城』私的考察2
『ハウルの動く城』私的考察3
『ハウルの動く城』私的考察4
『ハウルの動く城』私的考察5


posted by FM at 10:48| 東京 ☁ | TrackBack(0) | Howl's Moving Castle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。