2005年02月02日

『ハウルの動く城』私的考察5

ハウルとソフィーの関係によって、男女の視点の違い、
愛し方の違いなどが明らかになっています。
『ハウルの動く城』に見られる男女の違いを考察します。



注)
これはあくまでFM個人の私的な考え・洞察によるものです。
ほかの見方も当然存在します。
私は各人の考えに、正しい・間違いのレッテルを貼るつもりはありません。
イチ☆意見として、こういう見方もあるのね、くらいにお読みください。
--------------------------------------------

顔が違う?
ハウルで面白いことに気がつきました。
『…ラピュタ』『もののけ姫』では、
眉がしっかりしていて強い顔立ちは男の子、
弓眉でほっそりした顔立ちは女の子でした。
(パズーとシータ、アシタカとサンなど)
ナウシカも細面の美人です。

ところが『千と千尋…』ではハクが弓眉細面。
対して千尋は普通の感じの女の子です。
『ハウル…』では、弓眉細面のハウルと、
しっかりした眉の強い顔立ちのソフィー。
ラピュタの2人がまるで逆転したかのような印象すらあります。
たおやかなほっそりした美をかつての女性キャラクターには
感じましたが、最近は女性の逆境でのたくましさに
焦点が当たってるような気がします。


男女の愛し方の違い
ハウルとソフィーは同じ環境にいながら
まったく別の視点でものを見、別のアプローチをしています。
愛し方もまったく違います。二人に示される違いは、
男女の根本的な違いのように思います。

ソフィーにとっては自分の目の前に現れるハウルがすべてです。
広がってゆく戦争にも興味はなく、
自分の生活と切り離して考えています。
さらにハウルが扉の先で何をやっているか、
積極的に知ろうとしません。ただ城に帰ってくる
ハウルをみて、心を痛めたり、どきどきしたりしてます。
戦いも、ハウルに関するときだけ現実的になります。
彼女は常に彼の精神性に触れたいと思い、
カルシファーとの過去やハウルの呪いについて
興味を持つのです。

ハウルはソフィー自身が生活の中心ではありません。
ハウルは常に城の外、「社会」と自分の関係を考えており、
戦争にも積極的に関わってゆきます。
ソフィーが彼にとって自分の心と同じく
大切なものになったとき、彼女の生活を整えること、
彼女と自分の生活を守ることが
ハウルにとって重要なことになります。
そのために彼は一人戦いにゆくのです。
自分自身の城(心)の荒れ具合や過去の呪いよりも、
現在の自分・自分の大切なものを守ることを優先するのです。

愛の表現の違いが顕著に現れるのは
ハウルの隠れ家での2人の会話のシーンです。
「怪物でもかまわないから、ほんとのことを言ってほしい」
というソフィーの発言は、ハウルの抱えてる感情、
精神などを受け止めることが、彼女の愛であることを
示します。対して
「みんなが安全に暮らせるようにしたいだけだ」
という発言から、
安全と居心地のよさを与えることが、ハウルの愛です。
ハウルの心を知ることを求めているソフィーは、
求めていないものを与えられて意気消沈して老けてしまうのです。

2人は異なる目的と手段を用いながら、
それぞれが自分ではカバーできない部分を
相手にカバーしてもらっています。
ハウルは荒れた自分の心を取り戻し、
ソフィーは自分の居場所を見つける。
方法も目的も愛し方さえ違っても、
互いと必要とし、愛する気持ちが互いを救うという、
希望にあふれたメッセージがこめられているようです。

思うに…

男女は共に暮らし、同じイベントを乗り越えてゆきますが、
その根本にあるものの見方も、
相手への愛の示し方もまったく違う。
それでもお互いがお互いを必要とし愛し合い、
男女の1ペアではじめて完全であるという根本的な関係が、
『ハウル…』では描かれていると思います。

このテーマは『紅の豚』には少し示されていましたが、
『もののけ姫』あたりまでは、男女の視点の違いは
あまり強調されていないように思います。
宮崎作品は基本的に男女ペアになっていますが、
ペアは共に同じ目的の元、一致団結しており、
ハウルとソフィーのように全然別のアプローチで
互いを支えあっている構造は今までになかったように思います。

結婚して男性と生活を共にしてみると、
ソフィーとハウルに見られる男女のアプローチの違いは
非常に納得できるものです。アシタカとサンのようには、
なかなかいかないんですね。
でもハウルがいることでソフィーが生命の危機に
直面しないように、ソフィーがいることで
ハウルが立ち向かう強さを持ったように、
この違いがあるからこそ、完全であるなと思うことは
たくさんあります。

男女の違いに興味を持った方は、
『この人と結婚していいの?』がおすすめです。

関連ページ
『ハウルの動く城』レビュー
ハウルの動く城』私的考察1
『ハウルの動く城』私的考察2
『ハウルの動く城』私的考察3
『ハウルの動く城』私的考察4
『この人と結婚していいの?』
posted by FM at 16:01| 東京 ☀ | TrackBack(1) | Howl's Moving Castle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その4:アヴォワール・アリール)
Excerpt:  恒例の「ハウルの動く城」シリーズ第4弾。今回は要望にこたえて、前回(その3)部分訳した「アヴォワール・アリール」の批評をほぼ全部訳してみる。  ダイアナ・ウィン・ジョーンズ原作の「ハウルの..
Weblog: 鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス)
Tracked: 2005-02-03 02:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。