2006年05月30日

人間性の虐待?!モラルハラスメント

児童虐待・ドメスティックバイオレンス・いじめ。支配者と被支配者が固定されていて立場の逆転がおきない。それが虐待的な人間関係すべてに見られる法則だと思います。子どもはいつまでも食事を与えてもらえず、妻はいつまでも殴られ続ける、というように。

虐待による一番の被害は身体的なものではありません。魂と人間性に深く刻み込まれる、価値観への虐げでしょう。

モラルハラスメント…言葉や態度によって、巧妙に人の心を傷つける精神的な虐待のこと。FMは程度の差こそあれ、モラルハラスメントはかなりのパーセンテージで行われていると、思っています。

モラルハラスメントは言葉や態度など、「証拠に残らない」もので人の心を傷つけます。証拠が残らず傷も残らないため第三者に理解されにくく、またマインドコントロール的な部分があり被虐者本人も虐待に気がつきません。結果被虐者は心が壊れるまで虐げられることもあり、最悪の場合自殺に追い込まれたりします。

モラルハラスメントは、映画やドラマで描かれる暴力のように大きな原因の元にふるわれる暴力ではありません。そういう場合もありますが、ほとんどは何気ない日常の中に否定的なメッセージを刷り込ませることによって、被虐者を傷つけていきます。

ちょっと失敗した、少し気に触ることをした、人に迷惑をかけた、1センチ箸の場所が違う。そんなどうでもいいような些細なことを取り上げて、加害者は「あなたはダメな人間だ」というメッセージを被虐者に送ります。無視したり、怒鳴ったり、暴れてみたり、愚痴を繰り返したりして、被虐者の人間性を否定し劣等感と罪悪感を植えつけるのです。

自分自身に対してしっかりとした健全なセルフイメージを持っている人であれば、それらのメッセージを退けることができますが、ほとんどの場合、毎日の生活の中で自分に対してなされる否定的なメッセージが繰り返されると、それに影響されてしまうものです。

特に素直な人・未成年など精神的に成熟していない人ほどその傾向が強く、親しい関係の人から繰り返される人間性の否定は、多大な影響を及ぼします。また被虐者は恥の意識から第三者には相談せず一人で抱え込むため、セルフイメージは下降し続け最終的に自分で自分の人間性を否定し、鬱や自殺に追い込まれていくのです。

モラルハラスメントの加害者は、他者が劣等感と罪悪感にまみれている姿を見て自尊心を満足させようとするようです。そのため、身近な誰かをおとしめるのですが、本人は全く罪の意識がないのが特徴です。自分が虐待を行っているなどとは全く思っておらず、また自分の価値観、考え方を変える事はまずありません。「なにかがおかしい」と気づいた周囲が加害者を変えようと思っても、火に油を注ぐばかりだったりします。

また加害者は、一見紳士的だったり、社会的に「いい人」だったりする場合があります。モラルハラスメント加害者の「優しさ」「紳士的態度」は、相手を利用するために行っているものなので、真実のものなのか、見極めることが必要です。

FMもかつてモラルハラスメントの被害者でした。元被害者として感じるのは、誰でも被害者になりうるということです。成長過程で肯定的な言葉よりも否定的な言葉を多くかけられて育ちがちな日本人は、自分に対するプラスの評価はなかなか受け容れられないのですが、マイナス評価は鵜呑みにしやすいように思います。つまり日本人はセルフイメージがもともとそれほど高くないため、加害者傾向を持った人に近づいた時、簡単にモラルハラスメントが起こる条件が揃ってしまうように思います。

加害者の傾向については、様々なモラルハラスメントのサイトにて紹介されていますので、それを参考にして見極めてお付き合いをすることをオススメします。同時に加害者傾向を持った人から発せられるマイナスなメッセージに影響されない、高いセルフイメージを自分自身に対して持つことが、本当に重要だと思います。

セルフイメージを高める為に最も基本的なことは、「私は愛されている。私はここにいていい。私は存在する意義がある。」という意識です。しかしこの意識は、自力で植えつけられるものではありません。マイナスのメッセージが日々繰り返されることで劣等感と罪悪感を植えつけられたように、高いセルフイメージも、自分に対するプラスの言葉を、日々浴びることでしか得られないのです。

人間関係によって負った傷は、人間関係によって癒されると、私は思います。

All about モラルハラスメントの記事

被害者によるサイト

夫から妻へのモラルハラスメント、被害者同盟

posted by FM at 17:23| 東京 🌁 | TrackBack(1) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

卑劣なモラルハラスメントを許すな
Excerpt: モラルハラスメント(略してモラハラ)という言葉が最近使われ始めたそうですが、モラルハラスメントとは言葉・態度などによって行われる精神的な暴力や嫌がらせ、イジメのことだそうです。私は最近知った言葉ですが..
Weblog: conversation
Tracked: 2006-08-27 02:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。