2006年07月10日

生き抜くことの真摯さ 映画『WATARIDORI』

wataridori.jpg

渡り鳥が、北に渡って子育てしてまた各大陸に戻ってくる、
それだけの話ですが、すごい。

ホントに鳥と一緒に飛んでいるような映像。
同じ鳥が、数千キロの旅をして、きちんと同じ場所へ
戻ってくる様子。なんだかそれだけで心を打たれます。

都会を越え、田舎を越え、人が足を踏み入れないような
砂漠や、山や、流氷の地を超え。ただひたすら飛び続ける姿。
「約束の地を求めて旅立つ。」
まさにそんな感じの、真摯な姿。

戻ってくる途中に、猟銃で打ち落とされたり、
重油にまみれて動けなくなったり。
人間の生活に影響を受けながらも、それでも渡り鳥は飛ぶ。

なぜか1歳の姪っ子がこの映画が大好き。
言葉はなくとも理解できる何かがあるのでしょうか。

ちなみに日本語音声はナレーションが多すぎ、
どうも無理に感傷的にしている感じが否めないので
やはり原語で鑑賞をおススメします。
posted by FM at 10:00| 東京 🌁 | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。