2005年03月28日

私の人生の意味って、何ですか?

いじめや、家族間での様々な虐待の存在が明らかになってきています。
何らかのトラウマを抱える人の数は、想像以上でしょう。
「どうして私の人生はこれだけ苦しんだろうか?
過去の祟りかなんかだろうか?一体何がいけなかったのか?」

その答えは聖書にあります。

※イエスのストーリー(新約聖書)を、
かなり大胆に読んでしまいます。

イエスは弟子たちに囲まれて歩いていました。
道の途中、生まれつき目の見えない人が座っていました。
目の見えない彼は物乞いをし、こじき同然です。

弟子の一人が、ふと疑問に思ってイエスに尋ねました。
「先生。彼の目が見えないのは、だれのせいなんですか?
目が見えないなんて、人生呪われてます。
この人が神様に嫌われてるからそうなったんですか?
それとも彼の先祖や両親が、悪い生き方をしたからですかね?」

イエスは少し間をおいて、こう答えました。
「この人は呪われてません。神に嫌われたのでもない。
先祖や両親の罪のせいでもないです。
ただ、神がどれほど素晴らしい方か、
それが彼を通して現われるためです。」

そういい終えると、イエスは土を取り、泥を作りました。
そしてその泥を盲人の目に塗って彼に言いました。
「『遣わされた者の池』へ行きなさい。そこでこの泥を洗いなさい。」

彼はイエスの言葉を信じて歩き出しました。
池までは、目の見えない彼にとっては途方もなく長い距離でした。
彼は道すがら、何度も転びました。起こしてくれるものはいません。
道を尋ねても、こじき同然の彼にまともに答えようとするものは少なく、
それでも彼は歩き続け、ようやく池までたどり着きました。

彼は泥を洗い落としました。
きれいに泥が洗われ、顔に残る水滴を彼はぬぐいました。
ゆっくりと彼がまぶたを開けると、まぶしい光が見えました。
徐々に輪郭がはっきりとしてきます。
そう。彼は、目が見えるようになったのです。

「ああ、神様、ありがとうございます!
私の苦しみをぬぐってくださった!
本当にありがとうございます!」
彼は神をたたえながら、喜びに満ち溢れて歩き出しました。
(ヨハネ 9:1-7)


生まれつき困難な状況にある人は、現代の日本にも
多く存在しています。それは身体的な問題だけではありません。
両親の離婚。平然と行われる虐待。金銭的な苦労。
精神的なダメージ。大きな喪失。いじめ。プレッシャー。

今までおかれてきた環境、その中でおきた出来事、人間関係、
それによって、周りの人々とは異なる困難、つまり何らかの
トラウマを抱えてしまっている人々は、考えられないくらいの
数になると思います。

「どうして、こんな家庭に生まれたんだろう?」
「どうして、私の人生はこんなに不幸の連続なんだろう?」
「こんなに苦しいのは、なんかの祟りなのか?呪われてるのか?」
「親のせいだ」「自分のせいだ」「世の中が間違ってるんだ」…。
しかし、聖書はそういっていません。

「あなたの人生は、呪われてなんかいない。
親のせいでも、あなたのせいでも、世の中のせいでもない。
どうしてこんなひどい状況かって?
それは私がどれほどあなたを思っているか、あなたが知るためだよ」
聖書は、あなたにそう語りかけるのです。

生まれつき人よりも多く欠落した部分を抱えていても、
その人生の中で、欠落した部分を取り返すことが出来ます。
しかしそれは自分の力では出来ないことです。
目の見えない人のように、神のことばを信じ
神に頼り、転びながらでも池を目指したとき、
信じられないような神の奇蹟がその人の人生に起こります。

私たちをこの世界に造りだした創造主は、
失敗作をつくったのではありません。
はじめから困難を抱えてレースを走り出す人々は、
その人生の中で、神が一つ一つその苦しみを取り除いてくれます。
その度に、いかに神が自分を愛しているのか、
いかに自分の人生は良い方向へ向かい続けているか
そんな神の愛を知ることが出来る、素晴らしい人生を
約束されているのです。

苦しみの中にいる人々へ…

私は一人の人間です。自分の生きてきた人生しか知りません。
ですから、皆さんの抱える苦しみがどのようなものか、私は分かりません。
しかし、
あなたの存在は意味がある。
苦しみの中でも生きてゆく意味がある

と考え、あなたを今ここに存在させている方は、
どれほどの苦しみの中にいるか、すべてを知っています。そして
その力を働かせて、あなたの人生に奇蹟を起こしたいと考えています。

一日も早く、多くの人が神のことばを信じ、
苦しみを取り除く池へと向かうことが出来ますように。



精神障害の母に育てられ、破綻しかけた人生から
生き生きとした人生を取り返した女性の話

ラクに読める聖書『Surfer's Bible』
posted by FM at 13:56| 東京 ☔ | TrackBack(0) | faith | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2652188

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。