2005年04月22日

キリスト教会にひそむ病理

先日、京都で明るみになった、牧師による少女へのわいせつ行為ですが、
加害者である牧師は、れっきとしたプロテスタント教会の牧師でした。
なぜ、キリスト教会がこのような事件を自ら引き起こしてしまったのか?

竹下夫妻Holy Hope Project
クリスチャンであっても、外部から見ただけでは、正統なのか、カルトなのかわかりにくいのです。まして、プロテスタントとカトリックの違いもわからない、キリスト教をよく知らない人にしてみれば、正統なのかカルトなのか、わかるはずもありません。
『【特集】教会で起こるマインドコントロール 6
 「聖神中央教会」事件を考える』
より抜粋)


Holy Hope Projectは、千葉県在住の竹下力・静夫婦の
ホームページです。キリスト教会を中心に活動をされているお2人ですが、
教会内におけるマインドコントロール問題について特集を組まれています。
先日、上記の京都の事件についてのコラムをアップされました。

ありのままの姿を受け入れ、ありのまま成長してゆく。
本来教会というのはそういった場であるはずですが、
入り口はそうであっても、実際にはゆがんだ規則や思想で
「縛られている」場合があることを、今回の事件をとおして
提示されています。クリスチャンの方にも、そうでない方にも
見ていただきたい特集です。

Holy Hope Project

posted by FM at 13:58| 東京 ☀ | TrackBack(0) | web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。