2005年11月21日

こどもたちに、クリスマスプレゼントを贈りませんか?

毎年この次期になると、思わず白熱してしまう素敵なイベントがあります。
遠い外国で住む子供たちに、プレゼントを贈るイベント。
100円ショップで1000円も出すと、素敵なプレゼントが作れちゃうんです!

日本に住むこどもたちは、当たり前のようにこの季節、プレゼントを
手にします。しかし、世界の約半数のこどもたちは過酷な環境下で
生活をしています。そんな、世界のどこかで親を亡くしたり 難民だったり
する子供たちの元へ、プレゼントを贈る働きが、日本にあるんです。
それがグレイテストギフトミニストリーズです。

100円ショップを活用すれば、たった1000円で立派なプレゼントが完成します。
ぬいぐるみ、ディズニーグッズ、クレヨンに 鉛筆に日記帳…。
1000円は1時間のお茶代という環境で暮らしている私たち。
1000円のプレゼントって、とても小さなプレゼントだけれども、
この小さな投資が、一人の子供の生きる喜びになるかもしれない。
これってものすごくエキサイティングなことだと思います。

ホワイトバンドは声を上げることはできるかもしれない。
でもプレゼントは、直接子供たちに喜ばせることができる。

「あなたのことを思っています」というメッセージは
人に生きる喜びを与えます。切り詰めた生活の中でおもちゃも、
学用品ですら不足する生活の子供たちにとって、
遠い富む国日本からのプレゼントは、どれほどの輝きを持って
受け入れられるでしょうか?

この働きに賛同する方は、ぜひ以下の連絡先にコンタクトを。
募集期間、応募方法など詳しい情報が得られます。

グレイテスト ギフト ミニストリーズ
http://www.greatestgiftministries.org/ (英語)
〒203-0013 東京都東久留米市新川町1-2-12 松川プレイス403号
info@greatestgiftministries.org


プレゼントを選んでる時間ない…、って人は寄付金も受付ています。
また、現地でギフトを送るスタッフも募集中。

プレゼントをもらってうれしい気持ちを、現実の中で
たくましく生きてる子供たちにも感じてほしいなあと思います。


■ギフトボックス作成のガイドライン
・溶ける、壊れる、こぼれる、中古、危険なものは入れないこと。
・お菓子や飲み物は個包装された飴と、ガム以外禁止。
・ギフトは、6パターン(2〜4歳向け、5〜9歳向け、10〜14歳向けを、各男女)。

■ギフトボックスの作り方
1.くつ箱などの空き箱を用意。100円ショップのプラスチックのビデオケースだと、再利用できるので尚良し。綺麗な包装紙で蓋と本体別々に包装紙を貼り付けて、空き箱の文字が見えないようにする。プラケースの場合はシールを貼りまくったりしてもいいかも。

2.贈りたい相手を6パターンの中から選んで、ガイドラインに従いプレゼントを選ぶ。(例:2〜4歳の女の子向け、とか)

3.箱にプレゼントを詰め(できたら手紙や写真も入れると喜ばれる)、茶封筒に、贈り主の住所氏名、あればメルアドを記入して、日本からの送料が一個につき約1000円かかるということなので、できれば送料やこのミニストリーへの寄付金を入れ、箱の中の開けてすぐ見えるところに入れる。

4.箱に蓋をして、ゴムか紐で留め、箱の蓋に、贈る相手の年齢・性別を書いた紙(たぶん英語の方が良いかも girl/2〜4 みたいに)を貼り付けて完成。

5.まとめてミニストリーのオフィスへ送る。

・洗面用具(石鹸や歯ブラシや歯磨き粉,タオル、くし…)
・文房具(スタンプ、電卓、折り紙、ノート、ペン、クレヨン…)
・おもちゃ(ミニカー、ボール、ぬいぐるみ、ハーモニカ…)
・その他 Tシャツ、帽子、時計、絵本、おもちゃの宝石・サングラス…
などが喜ばれるようです。

これは、選ぶ側もものすごく楽しいです。
今年のクリスマスは、おちびちゃんに愛を示してみませんか?
posted by FM at 15:53| 東京 ☀ | TrackBack(0) | info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。